通販やFXなど、一部のコールセンターでは24時間対応しているところもあります。

ということは、それだけ深夜でも人員の募集をしているということです。

今回は、楽で時給が昼間よりも断然高い深夜のコールセンターについて触れていきます。

【スポンサードリンク】

深夜に働くことによって、時給が跳ね上がる!

どんな仕事でも、深夜の仕事は昼間よりも時給が大きく上がります。

そもそも、午後10時~午前5時までの時間帯は法律的にも「時給25%増し」の決まりがあるので必然的に朝や昼間の時間よりも時給が跳ね上がるのです。

時給相場としては、アルバイトなら普通は昼間の時給はコールセンターの場合は1000円ぐらいなのですが夜勤のコールセンターとなると1500円くらいの相場は当たり前です。

深夜での時給が高くなる理由としては、上記の法律に基づく時給アップもあるのですが会社側としても「普段の生活リズムを犠牲にする対価」としてかなり時給が高く設定されているのです。

これが派遣社員ということになると、もっと時給は跳ね上がり1800円以上というのもざらにあります。

FXなどは24時間基本的に相場が動いているので、それに対応するオペレーターが必要ですしショッピングチャンネルなども深夜にやっていることがあるのでそれに対する入電の対応も必要です。

夜勤をやることによって、ただのアルバイト生活でも貯金が十分できるほどの高時給を得ることができるのです。

コールセンターの仕事自体も、入電が少なくて楽すぎる

で、仕事内容は昼間とどう変わるのかというと・・・特に変わることはありません。

昼間にやっていることを、単純に深夜もやるだけなので。

ただ、深夜は本当に楽です。

明らかに入電数が少なく、10分単位で電話がかかってこないことなんてざらです。

一つの入電が終わったら、しばらくはのんびりと隣の人と話をしたりして次の入電に備えているような感じです。

そして素晴らしいのは、深夜だとあまりクレームがないことです。

普通に考えて、深夜にあまり大きな声を出したりクレームをしたりする元気って顧客にもそんなにないんですよね。

必然的に、機械的な入電の処理が多くなるので暇だけど楽をして高時給を得たい人にはお勧めですね。

コールセンター側も、深夜の時間帯は昼間よりも人数を減らして調整しているのですがそれでも念のためというところがあるのか多めに配置しているようで昼間よりも圧倒的に入電が少ない。

【スポンサードリンク】

問題は、夜型の生活を送れるかどうかだけ

時給が圧倒的に高くて、仕事も忙しくなくむしろ楽。

そんな深夜のコールセンターは天国のように思えますが、そういう環境だったら応募が殺到するはず。

それもそのはず、やはり人間というのは朝起きて夜に寝るというのが本能でありそれが生活のリズムなんですよね。

世の中で仕事をしている人の大半は、やはり朝から仕事が始まって夜に終わるというサイクルなので深夜に働くという選択肢が全くない人がほとんど。

実際、仕事を探す時に「深夜」という枠を考慮に全く入れない人も多いんじゃないでしょうか。

人間、基本は生まれてからしばらくは朝方の生活をしているわけですよね。

だからそれが当たり前になっている。

でも、一部の人たちは何かがきっかけで夜型の生活になっていくものなんですけどそれでも相対的には朝方の人が圧倒的に多い。

ようするに、コールセンターで高時給に楽に働くためには何かを代償としなくてはならないのです。

その代償が「昼間の時間帯のリズム」なんですよね。

どの仕事でも夜勤は時給が高いし、比較的楽!

だから、稼ぎたいと思って自分が今まで普通の生活リズムで日常を送っていたなら「朝に寝て夜に働く」という今までと違う選択をしなければなりません。

生活リズムが夜型の人は、かなりウハウハな生活ができちゃう

上記では結構重く書きましたが、朝方から急に夜型にするのは結構大変なように見えて一旦やるとすぐに慣れてきます。

自分の友人で、昼間にコールセンターで働いていた人がいたのですが「もっと稼ぎたいのと、休憩室に人が多すぎて嫌になった」という理由で深夜の時間帯に移った人がいます。

その人は今までに深夜に働いていたことはないのですが、隙間時間で寝たりと工夫をしているうちに数週間もしないうちに夜勤に慣れてすごく快適なようでした。

時給が高いのはもちろんありがたいと言っていたのですが、やはり夜勤は建物全体に人が少ないので「休憩室ものんびりしていて、最高!」と休憩室の環境に一番感動していたみたいです(笑)

そんな感じなので、もともと夜更かしが大好きな人とか夜型の生活に慣れてしまっている人は夜勤ありきの仕事を探した方が相当お得というわけですよね。

働く時間帯を気にしない人にとっては、勤務時間が夜勤になるだけで時給が大幅にアップするなんて夢のような気がします。

やはり、多くの人は「深夜だからな~」と二の足を踏んでしまうことでしょうから。

とにかく、夜勤コールセンターはアルバイト生活においてもかなり稼げるものになっていることは求人を見れば一目瞭然です。

個々の求人の時給や労働環境・仕事内容などが気になる人へ

最近では、紙媒体の情報誌を見て確認するのは非効率になってきています。

求人サイトならば、情報誌を探さなくても気軽にスマホやPCで確認するような時代ですよね。

気軽なアルバイトで高時給や労働条件を確認してみたい人はお祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】が参考になります。

各求人サイトや情報誌の案件をすべてひとまとめにしているキュレーションサイトなので膨大な量のアルバイト求人を確認できます。

アルバイトは、未経験者や辞めるのが気楽だったりするのでハードルが低いのが特徴(経験談)。

アルバイトよりも、派遣でさらにがっつり高時給を稼ぎたい人は以下の求人サイトで時給や労働条件の詳細を確認できます。

◆ママや主婦の方歓迎♪コールセンターのお仕事なら派遣Style◆

派遣でのコールセンターのお仕事は、正直そこらへんの正会社員の給料に負けてないです(経験談)。

【スポンサードリンク】