「コールセンターってなんでこんなに時給が高いんだろう?」

なぜ時給が高いのか、求人誌やサイトを見た事がある人なら一度は思いますよね。

他の業界に比べてたまたま高いのでしょうか?

いえ、なんでもそうですけど世の中の価格設定は必ず理由があるんです。

今回は、コールセンターの時給が高い理由について解明していきましょう。

【スポンサードリンク】

辞めていく人が多くて常に人が欲しいから

顧客対応を電話で行ったり、電話でセールスなどの業務を行うコールセンター業務は常に人が足りていないのが現状です。

人手が足りていないのは、やはり「辞める人が多いから」という理由につきます。

辞めて、その分を大量に募集して、そしてその中からまた辞めて、また大量に募集してということを永遠と繰り返しているのがこの業界の定番なんですよね。

で、こういうことを言うと「うわ~、やっぱり辞めてく人が多いってことはやっぱりきつくてブラックなのか・・・」と思ってしまいがちですが実際には「きつくて辞めた」という人は想像ほど多くはありません。

もちろん、そういう人もいて入社して2日目ですでに退職する人とかいつのまにか同期が消えてたとかはありますけどなんだかんだで「きついから辞める」という理由でこの業界を去っていく人は次に言う理由の人たちよりは少ない印象ですね。

で、一番多いと思われるのが「コールセンターをやりながら他の仕事を探している」というのが一番辞める理由としては多いです。

ようするに、コールセンターの場合は特別な資格とかなくても高時給でとりあえず満足な生活をしていくには十分な報酬をもらえる。

その一方で、業務の引継ぎとかそういったものがないから転職とか就職活動しながらやってそれが決まったら辞めやすいということなんですよね。

実際、自分も転職が決まるまでは派遣の仕事として結構いい時給をもらいながら働いてましたけど転職が決まってからは普通に辞めましたので自分もこの部類に入っています。

なので、つなぎの仕事としてやる分にはコールセンターはかなりいい条件ですよ。

知識を詰め込む量としては他の業界よりも多いから

また、時給が高いのは人手不足という理由だけではないです。

人手不足というのは、他の業界にもありますし飲食店なんかも人が足りてないところはいっぱいありますよね。

コールセンターの場合は、他のアルバイト業務や派遣の仕事に比べると顧客対応の部分で覚えることが沢山あります。

何も他の業界の仕事が簡単と言っているわけではないのですが、とにかく例外な対応も含めて色んな知識をある程度は覚える必要があるので時給を高く設定しないとやっぱりわりに合わないと思っちゃう人が多いんですよね。

もちろん、全部をすべて丸暗記している人なんかいるわけないのでわからないことがあると社内のイントラを通話中に急いで調べてそれを見ながら対応する場面も沢山あるのですが最低限の知識は覚える必要があります。

なので、業務の複雑性に対する時給の高さともいえるでしょう。

【スポンサードリンク】

オフィスワークだから

最後に、これはコールセンターというかオフィスワーク全体の話になるんですけど「オフィスでPCを扱った座り仕事」というのは画的には完全に「ホワイトカラー」としての働き
からになりますよね。

日本の場合、というか世界各国でもそうなんですけどオフィスワークのようにデスクに向かって仕事をしている人たちは「ホワイトカラー」と呼ばれています。

不思議なんですけど、そういった職種の人たちの給料や時給って一般的な生産ラインとか飲食店などで働いている「ブルーカラー」と言われている人たちよりも時給設定を高くするのが通例となっているようです。

なぜなんでしょうか。

労働に対する対価は、肉体的労働への対価と頭脳労働に対する対価という2つに分かれると思うんですけど世間はオフィスワークのような頭脳労働と言われている人たちに対して報酬を高く払うというのが暗黙の了解みたいなんですよね。

カラダが疲れる肉体労働をしている人たちだって、考えながら仕事をしているのですがオフィスワークで涼しい感じで仕事をしている人たちの方が頭を使っている感があってそれが高報酬につながっているわけです。

まとめ

コールセンターの時給が高い理由を3つお伝えしましたが、「ブラックできつい仕事だから時給が高い」というわけではないことは理解してもらいたいです。

オフィスワークで、常に人手が足りなく、覚える業務量が他の業界に比べて多めなので時給が高いという結論にいたりました。

つなぎとして働いている人も、この業界に馴染んで慣れてしまった人は給料も悪くないので他の仕事を見つけることが面倒になって定着することもしばしばあります(笑)

また、コールセンター業界は大手のところが多いので結構カスタマーサポートに対する予算があるんですよね。

最近は特に、カスタマーサポートによって満足度を高めていくという方向性になっているのでますますコールセンターで人員を募集しているくらいです。

個々の求人の時給や労働環境・仕事内容などが気になる人へ

最近では、紙媒体の情報誌を見て確認するのは非効率になってきています。

求人サイトならば、情報誌を探さなくても気軽にスマホやPCで確認するような時代ですよね。

気軽なアルバイトで高時給や労働条件を確認してみたい人はお祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】が参考になります。

各求人サイトや情報誌の案件をすべてひとまとめにしているキュレーションサイトなので膨大な量のアルバイト求人を確認できます。

アルバイトは、未経験者や辞めるのが気楽だったりするのでハードルが低いのが特徴(経験談)。

アルバイトよりも、派遣でさらにがっつり高時給を稼ぎたい人は以下の求人サイトで時給や労働条件の詳細を確認できます。

◆ママや主婦の方歓迎♪コールセンターのお仕事なら派遣Style◆

派遣でのコールセンターのお仕事は、正直そこらへんの正会社員の給料に負けてないです(経験談)。

【スポンサードリンク】